Sorry ”ロンドンらしさ”を体現した待望のセカンド・アルバムが今週金曜日リリース! 発売に先駆けて新曲「Closer」を公開
  • Top
  • ミュージック
  • Sorry ”ロンドンらしさ”を体現した待望のセカンド・アルバムが今週金曜日リリース! 発売に先駆けて新曲「Closer」を公開

Sorry ”ロンドンらしさ”を体現した待望のセカンド・アルバムが今週金曜日リリース! 発売に先駆けて新曲「Closer」を公開

music

ノース・ロンドンを拠点に活動、幼少期からの親友であるアーシャ・ローレンツ、ルイス・オブライエンの2人によって結成され、現在はドラマーのリンカーン・バレット、マルチ・インストゥルメンタリストのキャンベル・バウム、エレクトロニクス奏者のマルコ・ピニを加えた体制で活動をするソーリーが今週金曜日にリリースされる待望のセカンド・アルバム『Anywhere But Here』より新曲「Closer」のMVを公開!MVの監督はアーシャとFLASHAが手がけた。

Sorry – Closer

「Closer」の歌詞は一気にできた。私を傷つけた多くの人々と、私も人々を傷つけているっていうことを話しているような感じだった。経験や欲望によって時に作られる自分、そしてそれに伴う恥についての曲。また、中毒性とそのパターンの円形スパイラル、それが巡り巡ってくるということについて書かれている。 サウンド的には90年代のニューヨークのバンドの楽曲のようなサウンドにしたかったし、そこからサウンドが発展していった。 –  Sorry

待望の最新作『Anywhere But Here』はCD、LP、カセット、デジタルにて10月7日リリース!国内盤CDには解説・歌詞対訳が封入され、ボーナストラックが収録される。また、輸入盤LPは通常盤のブラック・ヴァイナルに加えて、クリア・ボトル・グリーン仕様の限定盤、そして日本語帯・解説書付の限定盤(クリア・ボトル・グリーン仕様+)でも発売される。更にBIG LOVE RECORDS限定のクリア・ネオン・グリーン・ヴァイナルも発売される。

Anywhere But Here

artist: Sorry
title: Anywhere But Here
release: 2022.10.07
BEATINK.COM 商品ページ


🔗Sorry ”ロンドンらしさ”を体現した待望のセカンド・アルバムより新曲「Key To The City」を公開

Hash tag

blazevy

BLAZEVY

recommend

オススメ

ピックアップ記事

AIRPAQ記事