日本では3年ぶりの開催。Hiroya Kurata(倉田 裕也)個展 “ Summer Hours ” 開催
  • Top
  • アート
  • 日本では3年ぶりの開催。Hiroya Kurata(倉田 裕也)個展 “ Summer Hours ” 開催

日本では3年ぶりの開催。Hiroya Kurata(倉田 裕也)個展 “ Summer Hours ” 開催

art

身近な日常の風景を描く倉田の作品は、素朴な光や一瞬の光景など、言葉では例えられない内面的な感情を絵画に浸透させ、「今しか描けないもの」を表現。

展覧会のタイトル“Summer Hours”という言葉の通り、夏の明るく眩しいほどの陽の光や、大きな木々から降り注ぐ木漏れ日、自然の中ではしゃぐ子供たち。水面に映る景色は、高く広がる空をも反射させ、満月の月明かりは柔らかくあたり一面を照らしている。

また、作品に登場する人物たちの表情はあえて単純化されており、デフォルメを用いた自由な描写によって馴染み深くキャンバス一面に広がるユーモラスな絵画世界へ観る者を誘う。

日常生活の様々な場面から受けるインスピレーションや、倉田自身のニューヨーク生活を投影しながら油彩による丁寧な筆のタッチで日記を綴るように描かれる作品を、この機会にぜひご覧ください!

Hiroya Kurata ‘Bridge Fishing 2’ 152.4 x 121.9 x 4.5cm, 2022
Hiroya Kurata ‘Wild thing’ 183 x 147.5 x 4cm, 2022
Hiroya Kurata ‘Into the Creek’ 183 x 229.5 x 4.5cm, 2022

◉ 展覧会概要

Hiroya Kurata “Summer Hours”
開催場所:The Mass http://themass.jp/
所在地:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-11-1
MAP:https://goo.gl/maps/pXj42UuQihyqn3Jg8
開催期間:2022年8月27日(土)~9月25日(日)
開催時間:12:00~19:00 ※月・火は休廊

< 倉田 裕也(くらた・ひろや)プロフィール >

1980年大阪府生まれ。2003年にパーソンズ美術大学を卒業し、約23年間ニューヨークを拠点に制作を続けている
。近年の展覧会では、Ross + Kramer Gallery(ニューヨーク、2018)、Monya RoweGallery(ニューヨーク、2019)、Over The Influence(香港、2021)での個展をはじめ、SPRING/BREAK Art Show(ニューヨーク、2019)での展示に参加している。日本での展覧会は、Destroy Your Habits(東京、2021)でのKoichi Satoとの2人展
、PARCEL(東京、2021)でのグループ展に参加。個展としてはKOKI ARTS(東京、2019)での展覧会以降、約3年ぶりの開催となる。


Hash tag

blazevy

BLAZEVY

recommend

オススメ

ピックアップ記事

AIRPAQ記事