Gallery COMMONが移転拡大。オープニングは河村康輔による個展「TRY SOMETHING BETTER」シュレッダー・コラージュ作品の展示数は過去最大
  • Top
  • アート
  • Gallery COMMONが移転拡大。オープニングは河村康輔による個展「TRY SOMETHING BETTER」シュレッダー・コラージュ作品の展示数は過去最大

Gallery COMMONが移転拡大。オープニングは河村康輔による個展「TRY SOMETHING BETTER」シュレッダー・コラージュ作品の展示数は過去最大

art

2021年11月、Gallery COMMONは渋谷区神宮前のスペースに移転し、新たなスタートを切ることとなった。

Photo by Yosuke torii. Courtesy of Gallery COMMON.
Photo by Yosuke torii. Courtesy of Gallery COMMON.

本ギャラリーのオープニングに合わせ河村康輔による個展「TRY SOMETHING BETTER」を2021年11月20日(土)から12月19日(日)まで開催!こけら落としとなる本展は、代表的な「シュレッダー・コラージュ」シリーズの黒と銀を基調とした新作をはじめ、マルチキャンバスの大作シリーズを発表。シュレッダー・コラージュの展示数としては過去最大。

Untitled. 2021. 1200 x 1200mm. © 2021 Kosuke Kawamura / SO1. Photo by Yosuke Torii.
Untitled. 2021. 900 x 900mm. © 2021 Kosuke Kawamura / SO1. Photo by Yosuke Torii.

「一般的に芸術的価値を見出されず、見過ごされるような素材を選び、光を当てることで、 新しい価値観を生み出したい。そして、ライブ感を大切にしている。それは影響を受けてきた音楽やカルチャー(70~90年代のパンクロック、ヒップホップ、スケートカルチャーなど)から学び、今の自分自身を形成してきた。」

そう作家自身が話すように、彼の作品の核となるのは、身の回りのメディアに対する彼の「ライブ感」にある。

河村康輔。1979年広島県生まれ。東京都在住。コラージュアーティストとして様々なアーティストとのコラボレーションや国内外での個展、グループ展に多数参加する河村康輔。代表的なプロジェクトに、渋谷PARCOアートウォール企画「AD 2019」にて大友克洋氏とAKIRAを使用したコラージュ作品の発表(2019)、東京、ロサンゼルス、ミラノを巡回した「AKIRA ART WALL PROJECT」(2019)などが挙げられる。また、これまで多数のアパレルブランドへのグラフィックワークを提供、また、雑誌「ERECT Magazine / エレクト・マガジン」をはじめ、ライブ、イベント等のフライヤー、DVD・CDのジャケット、書籍の装丁、広告等のデザイン、アートディレクションを手掛ける。


◉展覧会概要

  • 河村康輔「TRY SOMETHING BETTER」
  • 開催日時:2021年11月20日(土)~ 12月19日(日)
  • 場所:Gallery COMMON(〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-39-6 B1F)
  • TEL:03-6427-3827
  • 開廊時間: 12:00-19:00(水~日)
  • 月、火 休廊
  • 国や自治体の要請等により、日程や内容が変更になる可能性があります。
Photo by Yosuke torii. Courtesy of Gallery COMMON.
Photo by Yosuke torii. Courtesy of Gallery COMMON.

Hash tag

blazevy

BLAZEVY

recommend

オススメ

ピックアップ記事

AIRPAQ記事