loin(ロワン)Vol.02 “物語”

loin(ロワン)Vol.02 “物語”

こんにちは。ゆうさりという名前で音楽を作っています、niikawa rikoです。
今月のテーマは「物語」。

「物語の向こうの私たちへ」

物語の扉を閉めた。これからどこまでも太陽を吸い込んで黄色くなって、向こうとこちらへ、ぐんぐんと離れる静かな一瞬。

眠れないのか眠りたくないのか、何もできなかった日にはその何かを求めて物語をひらく。

冬と春の間に、室温と毛布に、体と心がちぐはぐしながら、小川洋子さんの「ブラフマンの埋葬」を読んだ。

夏の庭、泉。
駆け出してしまうみずみずしい足音。
あの子の目と取られていったその手。
思い出すことを、静かにその足が踏んだ土へ還していく。

読み終えてしまって、何も失っていない部屋の中、何かを見送った心だけが残った。水飛沫を浴びて、汗をかいてそれが冷めていった、その跡だけをなぞるような心地が残った。これらを持って、寂しさの波に混ざりながらも私たちは次へ運ばれてゆくのだ、と思う。

また、いつかは真冬の冴え冴えした空気に喜びながら、色々なところでヘルマンヘッセの『郷愁』を読んだ。

ボートを浮かべる湖と、ほとりのにおい。
ふたりの心と目。
ひとりの心と目。
あまりにも美しい朝に起こること。

時間が経ってしまって、私には文字の中の景色が断片的に残っているばかりだ。ひとつ覚えているのは、少し退屈だと思った長い場面が、一筋の美しい光のような景色で変わっていったこと。それを喫茶店の中で読んで、喫茶店で啓示を受けたと本当に思ったこと。

そんな物語の中に見た景色の断片。日々見たものの断片、会話や表情の断片。本当は、それらすべてに終わりと始まりがある。私はいつも、電車と電車のようにそれらとすごい速さですれ違いながら、やっとなにかの断片を掴んでいるのかもしれない。

音楽を作る時は、そうやって掴んだ言葉を貯めておいて、そこから小さな景色を思い浮かべて、景色の流れを立ち上げていくようにして作ることが多い。そして、その時鳴っているような音を探して探して、音楽の形を作っていく。

物語の扉を閉めた。これからどこまでも太陽を吸い込んで黄色くなって、向こうとこちらへ、ぐんぐんと離れる静かな一瞬。

あなたたちは続いていく。わたしたちは続いていく。

手のつけていないたくさんの問題たちを、あなたたちと新しい私の目がみている。

詩・文章:ゆうさり
写真:染谷かおり
Styling:榊原瑞希
Model:麻佑


loin 〈ロワン〉
“あつめた視点は 秘密基地から
遠いどこかで 受け取るあなたへ”

The Mind Closet
記事一覧へ

People

“あつめた視点は 秘密基地から遠いどこかで 受け取るあなたへ" 3人の視点をあつめて、loinという言葉の「遠い」「遥か」をめざして。3人の目を通した作品とその連載が、どこか遠くの読んでくださる方や同じく創作をする方へとめがけてもっともっと広がっていくよう、活動しています。

#Hash tag

hashtag

人気のキーワード