Maika Loubtéが最新アルバム「Lucid Dreaming」をボーカル&アナログシンセのみで再構築したReworkアルバムを8月31日に配信リリース
  • Top
  • ミュージック
  • Maika Loubtéが最新アルバム「Lucid Dreaming」をボーカル&アナログシンセのみで再構築したReworkアルバムを8月31日に配信リリース

Maika Loubtéが最新アルバム「Lucid Dreaming」をボーカル&アナログシンセのみで再構築したReworkアルバムを8月31日に配信リリース

music

シンガーソングライター、音楽プロデューサーのMaika Loubté(マイカ・ルブテ)が、最新アルバム「Lucid Dreaming」を歌とアナログシンセサイザーのみで再構築したReworkアルバム『Lucid Dreaming: Synthesized Symphony』を8月31日にデジタルリリースすることが発表。

本作は、”もしアルバム「Lucid Dreaming」の楽曲がアナログシンセサイザーだけで構成されていたら?”というMaikaの探究心を元に、原曲のアレンジ要素を全て削ぎ落とし、ボーカルとアナログシンセサイザーのみで実験的にアルバムを再構築したものだ。言わば本編「Lucid Dreaming」のアナザーサイドストーリーとして楽しめる作品が完成した。

『Lucid Dreaming: Synthesized Symphony』

有機的なアナログシンセサイザーのシンフォニーをイメージして、音符のみ(ビート無し)での表現を探究したという本作は、一発録りの弾き語りも収録されており、いつもより身体的な音楽表現にもトライ。アナログシンセサイザーを録音する際に生じてしまったノイズも、所々に意図的に残した。包み込むような暖かみを持つシンセサイザーの音色が心地良く、原曲のメロディーの美しさが際立っている。
ミックスとマスタリングはMaikaのライブのサポートメンバーとしてお馴染みのSountrive(サウントライブ)が手掛けた。

また、同日31日に『Lucid Dreaming: Synthesized Symphony』の原作版である「Lucid Dreaming」がLPとして発売決定。 「Lucid Dreaming」の世界を余すことなく楽しんで欲しい。

◉ Maika Loubté コメント
全楽曲0からミックスまで作り上げたアルバムの音を、ヴォーカルとアナログシンセだけで再構築するというのは、以前からやってみたかったことで、興味本位で自分からはじめた挑戦でした。はじめたはいいけど完成まで持っていくのは想像以上に大変でした。私が参加していたシンセカルテット「Hello, Wendy!」の存在も、いまは活動休止中ですがこの実験を後押ししてくれました。「聴いてみたい」という欲望のままに今年2月ごろ毎日スタジオに籠もってシンセばっかり一人で録って、変態だったなと思います。修行のようでもありましたが納得のいくものができました。

◉ 配信リンク🔗
https://lnk.to/ML_LD_SS_pre



🔗Maika Loubtéと音楽プロデューサーとして活躍するLISACHRISがコラボEPを7月27日にデジタルリリース

Hash tag

blazevy

BLAZEVY

recommend

オススメ

ピックアップ記事

AIRPAQ記事