DRY CLEANING (ドライ・クリーニング)10月21日発売最新作より 新曲「Anna Calls From The Arctic」を公開
  • Top
  • ミュージック
  • DRY CLEANING (ドライ・クリーニング)10月21日発売最新作より 新曲「Anna Calls From The Arctic」を公開

DRY CLEANING (ドライ・クリーニング)10月21日発売最新作より 新曲「Anna Calls From The Arctic」を公開

music

80~90sのUSニューウェーヴの芳香を纏ったオルタナティヴでアートな佇まいで、デビュー・アルバムがいきなり全英チャートを4位まで駆け上がった4人組バンド、ドライ・クリーニングが10月21日に発売する最新作より、アルバム冒頭を飾る新曲「Anna Calls From The Arctic」がオフィシャル・ヴィジュアライザーとともに解禁された。

Dry Cleaning – Anna Calls From The Arctic (Official Visualiser)

キーボード、ベース、クラリネットのジャム・セッションから発展したという「Anna Calls From The Arctic」は、フローレンス・ショウが北極圏に住んで働いている友人との電話からインスパイアされたという奇妙な会話をナレーションしており、バンドの新たなフェーズの幕開けに相応しい楽曲となっている。

最新アルバム『Stumpwork』における影響の幅広さは目まぐるしく、ドライ・クリーニングを単なるポスト・パンク・バンドと見なす人々に対する決定的な反撃となっている。音楽はより大胆になり、さらなる広がりを見せており、ショウの歌詞は、喪失や離別だけでなく、人間の経験におけるあらゆる紆余曲折、単純な喜びや些細な不満をも探求している。最終的にそこから浮かび上がるのは、繊細だが主張のある楽観主義と、好奇心の大切さを教えてくれるものだ。収録曲「Kwenchy Kups」でショウが歌っているように、「状況は最悪、でもなんとかなる(Things are shit, but they’re gonna be OK)」なのだ。

Stumpwork by Dry Cleaning Album Cover 2022 Photography: Annie Collinge Creative Direction: Rottingdean Bazaar

🔗ロンドンを拠点に活動する新世代バンド、「Dry Cleaning(ドライ・クリーニング)」 最新アルバムを10月21日に発売

Hash tag

blazevy

BLAZEVY

recommend

オススメ

ピックアップ記事

AIRPAQ記事