次世代UKインディ/オルタナ・シーンの代表格、 ソーリーが待望のセカンド・アルバムを10月7日リリース! ポーティスヘッドのエイドリアン・アトリーがプロデュース参加
  • Top
  • ミュージック
  • 次世代UKインディ/オルタナ・シーンの代表格、 ソーリーが待望のセカンド・アルバムを10月7日リリース! ポーティスヘッドのエイドリアン・アトリーがプロデュース参加

次世代UKインディ/オルタナ・シーンの代表格、 ソーリーが待望のセカンド・アルバムを10月7日リリース! ポーティスヘッドのエイドリアン・アトリーがプロデュース参加

music

ノース・ロンドンを拠点に活動、幼少期からの親友であるアーシャ・ローレンツ、ルイス・オブライエンの2人によって結成され、現在はドラマーのリンカーン・バレット、マルチ・インストゥルメンタリストのキャンベル・バウム、エレクトロニクス奏者のマルコ・ピニを加えた体制で活動をするソーリー。デビューアルバム『925』が高い評価を獲得し、類稀な創造力を発揮するUKの新人バンドの一つとしてその地位を確固たるものとした彼らが、待望のセカンド・アルバム『Anywhere But Here』を10月7日にリリース決定!アルバムから新曲「Let The Lights On」がMVと共に公開された。

Sorry – Let The Lights On

この曲はクラブ向けの楽しいラブソングなんだ。僕らにとってはほろ苦い曲。正直でありたい、物事を直接言いたい、でも結局はそれがダメになることもある、ということに触れているような曲だ。灯りがあるのなら、それを消してはいけない…時には物事を捨てなければならないけれど、それは難しいことなんだ。この曲は、ストレートに物事を言うことで、少し皮肉を込めたつもりなんだ。アルバム製作中の最後に書いた曲で、アルバム用にもっと明るいものを作ろうとしたところで出来た曲なんだ。最初はベースとドラムがドライブするダンサブルな曲だったんだけど、みんなで一緒に演奏してレコーディングしたらよりポップな曲になった。 – Sorry

本作『Anywhere But Here』は、バンドのアーシャ・ローレンツ、ルイス・オブライエン、そしてブリストルよりポーティスヘッドのメンバー、エイドリアン・アトリーと同じくブリストルのアリ・チャントがプロデュースを手がけた。

label: Domino
artist: Sorry
title: Anywhere But Here
release: 2022.10.07
BEATINK.COM 


Hash tag

blazevy

BLAZEVY

recommend

オススメ

ピックアップ記事

AIRPAQ記事