伝説のロックバンド、ザ・ビートルズの時空を超えた《体験型ドキュメンタリー・エンターテイメント》が、 ディスニープラスで独占配信スタート!
  • Top
  • ミュージック
  • 伝説のロックバンド、ザ・ビートルズの時空を超えた《体験型ドキュメンタリー・エンターテイメント》が、 ディスニープラスで独占配信スタート!

伝説のロックバンド、ザ・ビートルズの時空を超えた《体験型ドキュメンタリー・エンターテイメント》が、 ディスニープラスで独占配信スタート!

music

明日2021年11月25日から、約2時間×3 回に渡る計約 6 時間、4K UHD 映像/Dolby Atmos 音響 の高画質・高音質で、ディズニープラスにて独占見放題で配信が開始されるザ・ビートルズのドキュメンタリー・シリーズ『ザ・ ビートルズ:Get Back』。 

監督を務めるのは、この半世紀でただひとり、貴重なプライベート映像アーカイブへのアクセスを許されたアカデミー賞®に輝く 『ロード・オブ・ザ・リング』の巨匠、ピーター・ジャクソン。1969 年 1 月に撮影された“ゲット・バック・セッション” 57 時間以上の 未発表映像と 150 時間以上の未発表音源は 3 年かけて復元・編集され、「想像しなかったような親密さでザ・ビートルズを 知ることになる」(ピーター・ジャクソン監督)《体験型ドキュメンタリー・エンターテイメント》として完成した。 

『ザ・ビートルズ:Get Back』|予告編|Disney+ (ディズニープラス)

『ザ・ビートルズ:Get Back』には、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ ハリスン、リンゴ・スターの 4 人が、1969 年 1 月に“Get Back(復活)”を掲げ、 原点であるライブに戻ろうと曲作りを行うセッションの様子が収められている。 既に世界的成功を収めていた彼らだが、当時はジョンとリンゴ 28 歳、ポール 26 歳、 ジョージ 25 歳。今回美しくレストアされた映像では、曲のアイディアを出し合いながら その場で演奏し、和気あいあいと、時に議論しながら見事に新曲を作り上げていく過 程から、4 人の友情〜楽しそうにふざけ合うオフの顔まで、天才的音楽家であると 同時に、世界を魅了したユーモアのセンス溢れる魅力的な 4 人の若者の姿が 瑞々しく映し出される。 誰もが知る名曲「レット・イット・ビー」や「ゲット・バック」を含む、新曲 14 曲が一から 創作されていくその歴史的瞬間を始め、最高のライブ・バンドである彼らにとって最後 のライブとなった、ロンドン・アップル本社屋上での奇跡の 42 分間の“ルーフトップ・コン サート”も、史上初となるノーカット完全版でついに解禁。 

未発表映像と音源とともに語られる、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ ハリスン、リンゴ・スターの知られざる素顔。そして、不朽の名曲“Get Back”(原点 回帰/復活)に込められた彼ら 4 人の想いとは…? 

解散から半世紀にして、これまで決して語られることのなかった《衝撃の真実》が ついに明かされる。

©2021 Apple Corps Ltd. All Rights Reserved.

ザ・ビートルズ | The Beatles 

イギリスの港町リヴァプールで誕生。メンバーはジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターの4人 (ジョン・レノンは 1980 年に 40 歳で、ジョージ・ハリスンは 2001 年に 58 歳で逝去)。1962 年にレコード・デビューし、 1970 年に解散。約8年の間にオリジナル・アルバム 13 枚、シングル 22 枚、合計 213 曲を残した。64 年にアメリカに初上 

陸し、以後、世界的な人気グループとなった。66 年には日本公演を日本武道館で開催。音楽・文化・ファッションだけでなく、 社会・経済・政治も巻き込み、60 年代のみならず 20 世紀を代表するロック・バンドとなった。ポール・マッカートニーやリンゴ・ スターの度重なる来日公演もあり、10 代や 20 代のファンが現在も増え続けている。 

ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』では、主役の4人の演奏や言動から、音楽に向かう姿勢や「ビートルズ」 に対しての捉え方、自分の立場などか垣間見られる。それだけでなく、生き方や性格までも伺えるなど、知られざる「素顔」があ らゆる場面に登場する。 

ジョン・レノン | John Lennon 

1940 年 10 月 9 日、リヴァプールのオックスフォード通りの産院で、船のウェイターとして働くフレッドとジュリアの長男として生 まれた。両親の離婚によりメアリー・スミス(ミミ伯母さん)夫婦に育てられる。クォリー・バンク中学に通っている時にクォリー・メ ンを結成。ビートルズではリーダー的存在で、リズム・ギターを担当。62 年 8 月にシンシア・パウエルと結婚。63 年 4 月に長 男ジュリアンが生まれた(ジュリアンは 84 年にアルバム『ヴァロッテ』でデビュー)。66 年 11 月にオノ・ヨーコと出会い、69 年 3 月に結婚(シンシアとは 68 年 8 月に離婚)。75 年以降は息子ショーンの子育てのために 5 年間“主夫”となる。80 年 に音楽活動を再開し、ヨーコとの共作・共演アルバム『ダブル・ファンタジー』を発表したが、その矢先の 80 年 12 月 8 日、マー ク・チャップマンに銃で撃たれ、40 歳の若さで死去。 

美学校時代から日本への関心があり、66 年にビートルズの日本公演(日本武道館)を行い、ヨーコと出会った後、二人 は 71 年1月に日本を訪れた。以後、77 年から 79 年にかけてヨーコと息子ショーンを連れて毎年日本にやってきた。日本語 も勉強し、練習帳は、『Ai ジョン・レノンが見た日本』の書名で 90 年に刊行された(20 年 10 月から 21 年2月にかけて 開催された『ダブル・ファンタジー展』でも、その一部が展示された)。 

ビートルズ時代の代表曲(主として書いた曲)は「ハード・デイズ・ナイト」(64 年)、「ヘルプ!」(65 年)、「ストロベリ ー・フィールズ・フォーエバー」「愛こそはすべて」(ともに 67 年)、「ドント・レット・ミー・ダウン」「カム・トゥゲザー」(ともに 69 年)、「アクロス・ザ・ユニバース」(70 年)など。ソロ・アルバムは『ジョンの魂』(70 年)、『イマジン』(71 年)、『心の壁、 愛の橋』(74 年)、『ダブル・ファンタジー』(80 年)など。 

『ザ・ビートルズ:Get Back』では、言葉の端々に独特のユーモア感覚が滲み出るような発言が見られ、ジョンがやはりビー トルズのリーダー的存在であることが伝わってくる。

ポール・マッカートニー | Paul McCartney 

1942 年 6 月 18 日、父ジェームズと母メアリーの長男としてリヴァプールに誕生。父はトラッド・ジャズ系のセミプロのミュージ シャンで、母は看護師・助産師として働いていたが、56 年に癌で死去。57 年 7 月にジョンと出会い、10 月にクォリー・メンに 加入。リヴァプール・インスティテュートの 1 学年下にジョージがいた。ジョンと仲の良かったスチュアート・サトクリフが抜け、ベース を最初はやるハメになったものの、目立たないベースだからこそ派手にやる、とばかりに、のちに“リード・ベース”と呼ばれるダイナミ ックな奏法でグループを引っ張った。写真家のリンダ・イーストマンと 69 年 3 月に結婚。リンダはポールのバンド、ウイングスにも 加わるなど、ポールを公私ともに支え続けたが、98 年に死去。リンダとの間に長女メアリー(69 年生まれ)、ファッション・デザ イナーとして知られる次女ステラ(71 年生まれ)、長男ジェイムズ(77 年生まれ)をもうけた。リンダの死後、2002 年に再 婚(2008 年に離婚)したヘザー・ミルズとの間に三女ベアトリス(2003 年生まれ)がいる。その後、2011 年にナンシー・ シェヴェルと再婚した。 

自身のバンド、ウイングスを率いての日本公演は、70 年代と 80 年代の二度中止となったものの、90 年に初来日。以後、 93 年、2002 年、13 年、15 年、17 年、18 年と、近年は特に来日が増えた。MC では関西弁(「おおきに」「まいど」)や 名古屋弁(「新曲だがや」「でら最高!」)も取り入れるなど、サービス精神旺盛なパフォーマンスでもファンを楽しませた。 

ビートルズ時代の代表曲(主として書いた曲)は「オール・マイ・ラヴィング」(63 年)、「イエスタデイ」(65 年)、「ハロ ー・グッドバイ」(67 年)、「ヘイ・ジュード」「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」(ともに 68 年)、「ゲット・バック」(69 年)、「レット・ イット・ビー」(70 年)など。ソロ・アルバムは『ラム』(71 年)、『バンド・オン・ザ・ラン』(73 年)、『タッグ・オブ・ウォー』 

(82 年)、『フラワーズ・イン・ザ・ダート』(89 年)、『フレイミング・パイ』(97 年)、『ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ ザ・バックヤード〜裏庭の混沌と創造』(2005 年)、『エジプト・ステーション』(2018 年)など。 『ザ・ビートルズ:Get Back』では、ライブ活動再開を強く推すポールが、4 人の仕切り役として常に積極的にバンドを前へと 動かす役割となっている。 

ジョージ・ハリスン | George Harrison 

1943 年 2 月 25 日、ハロルド・ハリスンとルイーズ・フレンチの三男としてリヴァプールに誕生(実際の生まれは 2 月 24 日 だとジョージは後に明かした)。リヴァプール・インスティテュートに進学し、兄と一緒にスキッフル・バンドを結成。その後、1 学年 上のポールと知り合い、58 年 2 月にポールの紹介でジョンのバンド、クォリー・メンに参加。ビートルズではリード・ギターを担当 したほか、シタールやモーグ・シンセサイザーなど“異種楽器”を取り入れた。66 年 1 月にパティ・ボイドと結婚したが、エリック・ク ラプトンとの“三角関係”などが原因で離婚。その後、オリヴィア・アライアスと出会い、78 年に息子ダニーが生まれ、入籍した。 91 年 12 月にはエリック・クラプトン・と彼のバンドとともに日本公演を行い、広島公演の合間には原爆ドームにも足を運んだ。 

ビートルズ時代の代表曲は「タックスマン」(66 年)、「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」(68 年)、「サムシン グ」「ヒア・カムズ・ザ・サン」(共に 69 年)など。ソロ・アルバムは『オール・シングス・マスト・パス』『慈愛の輝き』『クラウド・ナイ ン』『ブレインウォッシュト』など。2001 年 11 月 29 日死去。 

『ザ・ビートルズ:Get Back』では、演奏の際、新曲に向かうポールとの姿勢の違いや、ジョンとポールの無関心から自信を 失い一時脱退するなど、繊細な性格が描かれている。 

リンゴ・スター | Ringo Starr 

1940 年 7 月 7 日、リチャード・スターキー(息子と同じ名前)とエルシー・グリーヴの長男としてリヴァプールに誕生。両親 が 3 歳の時に離婚(53 年にエルシーはハリー・グレイヴスと再婚)。幼少の頃から病弱で入退院を繰り返していたが、叔父 にドラムを買ってもらい、音楽に目覚めた。ロリー・ストーム&ザ・ハリケーンズのメンバーとしてビートルズよりも早くリヴァプールやハ ンブルクで人気を得ていた。62 年 8 月にビートルズに加入。65 年 2 月にモーリン・コックスと結婚し、同年 9 月に長男ザック が誕生。70 年 3 月の『センチメンタル・ジャーニー』の発表を機に、ソロ活動を開始。映画俳優としても活躍し、『キャンディ』 

(68 年)、『マジック・クリスチャン』(69 年)など出演作も数多い。75 年にモーリンと離婚し、81 年に女優バーバラ・バック と再婚。 

ビートルズ時代の代表曲は「イエロー・サブマリン」(66 年)、「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ」(67 年)、 「グッド・ナイト」(68 年)など。その・アルバムは『リンゴ』(73 年)、『バラの香りを』(81 年『)タイム・テイクス・タイム』 (92 年)、『ヴァーティカル・マン』(98 年)など。 

76 年には服飾関連のCM撮影などで来日。その後も「りんごすったー」で話題を呼んだ酒造会社のCM出演など、日本と も何かと縁がある。89 年に結成したオール・スター・バンドでの日本公演は、1989 年、95 年、2013 年、16 年、19 年の 5 回行われた。 

『ザ・ビートルズ:Get Back』では、3人に和みの場を提供する性格の良さや明るさが随所に伝わる場面が多い。ビートル ズを下支えする職人ならではの味わいだ。

『ザ・ビートルズ:Get Back』|先行特別映像|Disney+ (ディズニープラス)

◉ ディズニープラスで配信

ディズニープラスは、ディズニーがグローバルで展開する定額制公式動画配信サービスです。 ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの名作・話題作に加え、 スターブランドとして大人が楽しめるドラマや映画も。ここでしか見られないオリジナル作品も見放題。

カスタマーセンター:0120-65-2019 受付時間: 10:00 ~ 17:00(年中無休) ※ 一部のIP電話からは接続できない場合があります。


Hash tag

blazevy

blazevy

recommend

オススメ