80年代を代表する名曲「Get Wild」と現代ストリートカルチャーのリミックス動画が公開
  • Top
  • ミュージック
  • 80年代を代表する名曲「Get Wild」と現代ストリートカルチャーのリミックス動画が公開

80年代を代表する名曲「Get Wild」と現代ストリートカルチャーのリミックス動画が公開

music

リーボックは、1985年に誕生し、昨年35周年を迎えたリーボックの“裏定番”シューズ「CLUB C」より、スエード素材を使用した新モデル「CLUB C FVS」を2021年2月15日(月)に発売。
これにあわせ、ファッション、ミュージック、スケートボード、ダンスなど、現代のストリートカルチャーをテーマに8名の気鋭のクリエイターそれぞれが映像制作を担当、「CLUB C」と同じく1980年代にヒットし、今も人気を集める名曲「Get Wild」のアレンジをリミックスした動画「CLUB C WILD REMIX」シリーズを2021年2月15日(月)に公開!

詳細URL:https://reebok.jp/classic/clubc/

「Get Wild」(作詞:小室みつ子 作曲:小室哲哉)
©1987 by SUNRISE Music INC. & Jun & Kei Music Publishers, Inc.

<アレンジャープロフィール>
shigge(シゲ)

shigge(シゲ)

Beat Maker / DJ /YestetdayOnceMore 主宰
これまでに3枚のデジタルEPと2017年には全国リリースアルバム「burn out」を自身が主宰するインターネットレーベル「YesterdayOnceMore」よりリリース。主宰レーベルで拠点とする福岡で主催した、Carpainter/Out Of Resistance Tour、starRo/Emotion Japan Tour、その他多数のイベントはどれも盛況となり、福岡に新たな音楽の風を吹かせている。また、台北で行われたリリースツアーでのライブは台湾の観客を魅了し大きな反響を得た。2019年に福岡在住のDJ/プロデューサーのBRISAと共にOhnestyとしての活動もスタートさせ、同年に発表した「Time To Be Honest- EP」は業界内で熱い支持を獲得し、Gilles Petersonがホストを務めるBBC RADIO 6 Salami Rose Joe Louis and new sounds of Japanにて「Vortex」がエアプレイされ世界からも注目される存在となった。

<クリエイタープロフィール>


【さゆり】
フリーアニメーション作家。1995年生まれ、岩手県出身。大学在学中に手描きアニメーションを自主制作し始め、 現在はフリーのアニメーション作家として活動中。

【Heiyuu】
映像作家。1993年生まれ、東京都出身。
「CreativeDrugStore」のメンバーであり、フリーランスの映像作家として活動。

【サンレモ】
イラストレーター。大阪府出身。懐かしさと新しさの融合をテーマにイラストを描いている。広告イラストやアパレルコラボ、音楽アーティストのアートワークなど幅広く活動中。

【石田芙月】
イラストレーター。東京都三鷹市出身。武蔵野美術大学油絵学科を卒業後、特殊美術制作会社に就職。退職後、フリーランスのイラストレーターとして活動中。主にミュージックビデオ、グッズの制作をしている。様々な画風を用いるが、特にピクセルアートを得意としている。

【CHIGE】
映像ディレクター。1996年生まれ。武蔵野美術大学映像学科卒業後、フリーディレクターとして活動中。映像の他、インスタレーション作品も制作。

【中野ゆいな】
モデル。2002年生まれ。AbemaTV「今日、好きになりました。グアム編」出演

【Asuya Hamada】
映像ディレクター。MV、ファッションムービーをはじめWebCMも手がける。

【Takeru Shibuya】
映像作家、ラッパー。1996年生まれ、東京都出身。


■商品詳細

名称:CLUB C FVS(クラブシー エフブイエス)
●品番/カラー:(左上から)
[GX2495]ポーセリン/コアブラック/フットウェアホワイト
[GX2497]コアブラック/コアブラック/フットウェアホワイト
●自店販売価格:¥9,990(税込)     
      
●品番/カラー:(左下から)
[GX5068]コアブラック/コアブラック/チョーク
[GX5069]クラシックホワイト/クラシックホワイト/チョーク
[GX5070]パントーン/パントーン/チョーク
●自店販売価格:¥6,990(税込)

●サイズ:22.5cm~30cm ※0.5cm刻みで展開
●発売日:2021年2月15日(月)
●販売店舗:
・リーボック オンラインショップ http://reebok.jp


Hash tag

Kazohara Tatsuya

KAZO

recommend

オススメ