サンクトガーレン、傷リンゴを活用したアップルパイ風味ビール「アップルシナモンエール」9月24日(金)より秋冬限定発売
  • Top
  • ライフスタイル
  • サンクトガーレン、傷リンゴを活用したアップルパイ風味ビール「アップルシナモンエール」9月24日(金)より秋冬限定発売

サンクトガーレン、傷リンゴを活用したアップルパイ風味ビール「アップルシナモンエール」9月24日(金)より秋冬限定発売

lifestyle

このビールは“傷リンゴ”約500個を厚木市内の製パン店のオーブンを借りて焼きリンゴにするところからスタート。その様子はビール造りというより、お菓子づくり。1日かけてリンゴを焼き、翌1日かけてビールを仕込んでいる。

アップルシナモンエールに使用しているリンゴは長野県伊那市の“傷リンゴ”。風に揺られ枝と擦れて傷や割れがあったり、色や形(サイズ)にバラつきがあるなど、通常品としては売り物にならない果実を買い取ってビールに加工。台風が直撃した年には、その被害にあった果実も活用している。こういった傷リンゴは収穫量全体の3分の1量にもなると言われている。これらを加工品に有効活用することで食品ロス削減につながり、SDGs達成に貢献。

1回の仕込みに使用しているのは約500個のリンゴで、1シーズンで2500~3000個のリンゴを使う見込み。
9月はつがる、 10月はジョナゴールド・紅玉・シナノスイート 、11月はふじ、と季節の移ろいとともに旬の品種を使っている。

ベースのビールは軽く焦がした麦芽(モルト) “カラメルモルト”を特徴的に使用した琥珀色のビール。このモルトは食べるとカラメルソースのような甘く香ばしい味がし、ビールにも同様の風味をもたらします。その風味と焼きリンゴなどの副原料の風味が相まってアップルパイのような味わいのビールになっています。

【商品名】 アップルシナモンエール(発泡酒)
※このビールには日本の酒税法で認められている以上の量のリンゴを使用しているため“発泡酒”表記です。麦芽率は高いので税率はビールと同じです。

【内容量】 330ml

【希望小売価格】 506円(税込)

【販売場所】サンクトガーレンオンラインショップ、一部百貨店お酒売り場ほか公式サイトに掲載

【発売日】 2021年9月24日(金)~秋冬限定


サンクトガーレンは日本で地ビールが解禁する以前より、アメリカで小規模ビールの製造販売を行っていた“元祖地ビール屋”です。それがTIMEやNewsweekなどのアメリカメディアで話題となり、日本のメディアに飛び火。世論を巻き込み、日本の地ビール解禁に一石を投じました。そのため業界内では「地ビール0号」と呼ばれています。

サンクトガーレンが造るビールは、大手で主流の “ラガー” とは製法も味わいも対極の “エール” 一貫主義。国内外のコンテストで数々の受賞を誇ります。そんな王道ビールの他、バレンタイン限定チョコレートビール、ボジョレーヌーボーと同時解禁する麦のワイン、一升瓶ビールなど数々の個性的なビールを製造販売しクラフトビールの魅力を広く発信しています。

サンクトガーレン

Hash tag

blazevy

blazevy

recommend

オススメ