パリ発のサスティナブルアイウェアブランド「WAITING FOR THE SUN」とアーティストMAYUMI YAMASEのコラボレーションモデルが発売
  • Top
  • ファッション
  • パリ発のサスティナブルアイウェアブランド「WAITING FOR THE SUN」とアーティストMAYUMI YAMASEのコラボレーションモデルが発売

パリ発のサスティナブルアイウェアブランド「WAITING FOR THE SUN」とアーティストMAYUMI YAMASEのコラボレーションモデルが発売

fashion

フランス(パリ)のサスティナブルアイウェアブランドWAITING FOR THE SUN の2022 春夏コレクションにアーティストの Mayumi Yamaseさんをコラボレーションパートナーに迎え、ブランドの定番モデルでもある2型Auguste, Raymond (ASIAN FIT)のフレームとレンズを彼女自身に組み合わせてもらい、付属のクリーニングクロスとクラフトボックスにデザインを描きおろした。クリーニングクロスのデザインは抽象的なペインティングを用いて、”サングラス”と”太陽の暖かさ”を表現。クラフトボックスはクレヨンを使用し、アイコニックな”めがね”をタッチ。

発売は2022年5月20日から数量限定でWAITING FOR THE SUN.shopと下記店舗で展開。

・SUPER a MARKET NEWoMan新宿店
・CABaN 丸の内店
・BEAMS WOMEN HARAJUKU〈ビームス ウィメン 原宿〉
・Styles DAIKANYAMA
・KLEIN EYEWEAR
・LIVRA CREATORS EYEWEAR
・岡山眼鏡店
・mdnt.store
・EYETHINK HIROB

◉ WAITING FOR THE SUN
フランス、パリ発の世界で最初のサスティナブルコンセプトアイウェアブランド 2010年、当時パリのcolette(コレット)のアートギャラリーや、Christian Lacroix(クリスチャン ラクロワ)のグラフィックデザインをしていた Antoine MocquardとJulien Tualの2人によって創立されたブランドです。 フレームは、ウッドファイバーから作られたバイオアセテート素材や、リサイクルされたメタルフレーム、ニッケルを含まず金属アレルギーを発症しずらいBeta Steel(ベータスティール)フレームなどを用いた素材を使用しています。 メガネを包装するビニール状の資材はタピオカの原料であるキャッサバからできており、付属の外箱、ハードケース、レンズクロスなどは全てリサイクルされた素材から生産されています。


WAITING FOR THE SUN 公式サイトInstagram


Hash tag

blazevy

BLAZEVY

recommend

オススメ

ピックアップ記事

AIRPAQ記事