ドイツ発 これからの定番 アップサイクルブランド AIRPAQ (エアパック)
  • Top
  • ファッション
  • ドイツ発 これからの定番 アップサイクルブランド AIRPAQ (エアパック)

ドイツ発 これからの定番 アップサイクルブランド AIRPAQ (エアパック)

fashion

~車の廃材がバッグへ生まれ変わる~

AIRPAQは、自動車大国ドイツで2017年に創立されたアップサイクルバッグブランド。本来であれば捨てられてしまうはずのエアバッグやシートベルトという車の廃材を再利用(アップサイクル)して製品を作っている。

また、ゴミを削減するだけではなく、魅力的なデザインと永く使える品質にこだわってモノづくりをし、新たな創造価値を生み出すことで地球環境保護に繋げている。

ブランドサイトはこちら:AIRPAQ

AIRPAQ」 の想い

創設者の2人(MichaelとAdrian)は大学で出会い、授業の一環でスクラップヤードを訪れました。 当時から環境配慮製品に強い関心のあった二人は、 車の廃材に触れてなにか創り出せないかと模索していた。一度価値がなくなったもの、つまりゴミになるものを捨てるのではなく、別のものに生まれ変わらせることができないか? そう考えたのがブランド立ち上げのきっかけでした。

「ごみを削減するだけでなく、そこから新たな価値を生み出す。 そして商品を手にとった人に喜んで頂く。」 これがAIRPAQの願いです。

※ドイツだけでも毎年約350万台の車が廃車となり、50万トンの廃棄物になっています。この数字には、自動車産業で使用されなくなった、または検査で不合格となった、未使用で非常に高品質な資源が含まれている。

製造工程 〜From car until bag〜

  1. ヨーロッパのスクラップヤードと部品工場から廃棄されてしまうパーツを回収します。
  2. 回収したエアバッグとシートベルトを洗浄して裁断や加工をしていきます。*エアバッグはバッグの生地に、シートベルトはハンドルとショルダーベルトに使われています。
  3. 回収・洗浄・染色された車の廃材たちはひとつひとつ手作業で縫製されてバッグへと生まれ変わります。(Made in Europe )

ブランドサイトはこちら:AIRPAQ

AIRPAQを象徴する名作 “バックパック” で差をつける

アウトドアからビジネスシーン、タウンユースまでシーンを選ばず幅広く使えるデザインとなっている。シートベルトといえばあの音「カチャッ!」この部分がそのまま使用されている。他人と差をつけたい方はぜひチョイスしてみたはいかがでしょうか、目立つこと間違いない!

もちろん機能面も充実。

  • サイドポケットにボトル収納可能
  • インナーポケット3箇所
  • 内部アクセスポケットあり
  • 15インチPC収納可能

サイズはH:39 cm / W:28 cm / D:15 cm / 重さ: 1.2 kg。表地はナイロン100%。

カラー展開も豊富!

イエロー×ホワイト:ブルー裏地

¥21,780(税込)

ブルー×ホワイト:イエロー裏地

¥21,780(税込)
¥21,780(税込)

ブラック:イエロー裏地

¥21,780(税込)

ホワイト:ホワイト裏地

¥21,780(税込)

詳細はこちら:AIRPAQ

AIRPAQ :Instagram

Hash tag

blazevy

blazevy

recommend

オススメ