TIDEがさらなる芸術的挑戦のために成長し、進化していくことを意味した個展 『BLOOM』を開催
  • Top
  • アート
  • TIDEがさらなる芸術的挑戦のために成長し、進化していくことを意味した個展 『BLOOM』を開催

TIDEがさらなる芸術的挑戦のために成長し、進化していくことを意味した個展 『BLOOM』を開催

art

The Massでは、2021年11月27日(土)から12月26日(日)まで、東京を拠点に活動するアーティストTIDE(タイド)による個展『BLOOM』を開催。

本展は、2020年にGallery COMMON で開催した「DEBUT」展に続く2度目の個展となり、継続して制作している「CAT」シリーズをはじめ、「Life is Flat」と題された新しいペインティング・シリーズを含む最新作19 点、TIDEの芸術活動の新たな始まりを示す立体的なインスタレーションを発表。

本展のタイトル「BLOOM」は、TIDEの作品に登場する花のイメージを意味すると同時に、アーティストとしてのTIDEのアイデンティティを表すメタファーでもある。一つの絵画上に現れる多様なスタイルは複雑さとディテールに満ちたものへと進化し、その絵画技術は短期間で大きく躍進している。

VOYAGE, 2021 Acrylic on Canvas 2,273×1,818mm ©TIDE, The Mass

モノクロームで描かれた世界は、一見シンプルですが、よく見ると背景と前景を区別するための技法や絵画スタイルが複雑に重ねられています。

作品のキャラクターはフラットな二次元で表現され、背景はアクリルとスプレーを用いて立体的な室内を描いており、生物と無生物、現実と空想、二次元と三次元の境界を確認することができる。

本展では、二次元と三次元の相互作用を追求した表現として、猫のキャラクターを象ったシェイプドキャンバスを携えた3 つの大作を新たに加え、平面上で繰り広げられる漫画のようなイメージを、絵画の文脈に添ったアプローチで彫刻的な要素も含め表現。

新たなシリーズとなる「Life is Flat」は、「CAT」シリーズと同じ世界に存在するTIDE 独自のモノクロームのスタイルとテクニックを継承した作品です。

「Life is Flat」は、静物画の様式を再解釈したもので、それぞれの作品には器や花瓶に入る様々な花束が描かれている。

◉ TIDE「BLOOM」

  • 会期 : 2021年11月27日(土) – 12月26日(日)
  • 会場 : The Mass
  • 住所 : 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-11-1
  • 時間 : 12:00 – 19:00(月曜日・火曜日休館)
  • 電話 : 03-3406-0188
  • メール : info@themass.jp
  • HP : www.themass.jp
  • Instagram : @themass

Hash tag

blazevy

blazevy

recommend

オススメ